医療機関

病院の種類(機能別)一般的な分類

前回は病院の種類として
法律の区分(医療法)で
病院の種類を見てきましたが

今回は一般的な病院の分類
見ていきましょう。

病院の種類と病床と病棟の違い

病院の役割としては
大きく分けると
以下のように分かれます。

病院の種類(役割別)

急性期病院一般病床
ケアミックス病院一般病床療養病床が混在)
慢性期病院療養病床

もともと収益性の高い
一般病棟を持つ急性期病院
多かったのですが

高齢者の増加に伴い
国の政策として一般病床を削減し
療養型を優先させたい背景から

一般病床療養型病床を混在した
ケアミックス病院が増えてきました。

ちなみに

一般病床が80%以上なら急性期病院
療養病床が80%以上なら慢性期病院

のくくりになっています。

また、一般病床の一部を
回復期に当たる

地域包括ケア病棟
回復期リハビリテーション病棟

転換するケアミックス病院

回復期のみに特化した
病院も増えています。

病床(びょうしょう)とは

病床とは、入院ベットの数のこと!

日本全体の病床数は
約165万床(平成30年度)あり

診療科によって5つの病床に分類されます。

病床の種類 病床数(おおよそ) 特徴
一般病床 89万床 病気やけがでの短期入院のベッド
集中治療室や緩和ケア病床も含む
療養病床 32万床 長期入院が必要な方のベッド
精神病床 33万床 精神疾患の入院ベッド
結核病床 5千床 結核疾患の入院ベッド
感染症病床 1.8千床 感染症の入院ベッド

この残りのベッドがクリニック(9万床)になります。

病棟(びょうとう)とは

入院ベッドの(病床)を診療科・種類ごとにグループ化したもの!
病棟の種類 入院期間(おおよそ) 特徴
一般病棟 15日以内 一般病床の集まり
人員配置が手厚い
患者さん:医師 =16:1
患者さん:看護師=  3:1
患者さん:薬剤師=70:1
地域包括ケア病棟 60日以内 症状が安定した時に
すぐ在宅復帰には不安がある場合
専門に特化しないで幅広い診療や
リハビリを行う病棟
(急性期と在宅の橋渡し役)
レスパイト(休息の意味)入院と言って

 在宅療養されている患者さんのご家族が
 介護疲れから解放できる入院の受入れも
 あります。
回復期
リハビリテーション病棟
60〜180日(疾病による) 脳血管疾患や大腿骨頸部骨折など
専門医特化した集中的なリハビリを
行い在宅復帰を目指す病棟
療養病棟 90〜180日 療養病床の集まり
患者さん:医師 = 48:1
患者さん:看護師= 4:1
患者さん:薬剤師=150:1
緩和ケア病棟 30日以内 がんの患者さんなど治療が
困難な患者さんの痛みや
心のケアを行う穏やかな病棟

病院の特徴

ここから一般的な病院の
特徴をざっくりご紹介します。

急性期病院

急激に症状が悪化した患者さんに対し

救急医療や手術を24時間体制で行う
一般病棟のみの病院です。

交通事故や心筋梗塞などで
救急車が向かう病院のイメージでしょうか。

前回ご紹介した特定機能病院
地域医療支援病院急性期病院に当たります。

病院の種類(機能別の公的な分類)

ちなみに症状と緊急性から
3段階(1次救急・2次救急・3次救急)に分けた
救急指定病院としの分け方もあります。

急性期病院の特徴

・患者さんの容体が変わりやすい
・入院期間(平均在院日数)が短い
・医療機器や医療従事者が充実している
・入院は救急・外来・かかりつけ医からの紹介が多い

慢性期病院

医療依存度の高い患者さんを中心に
長期間の入院医療を提供する
療養病棟のみの病院です。

慢性期病院の特徴

・患者さんの容体が安定しているが回復が見込みにくい
・入院期間(平均在院日数)が長い
・外来はほとんど行っていない
・高齢者が多く転院先を探すのが難しい
・入院は急性期やケアミックス病院
介護老人保健施設・介護福祉施設からの紹介が多い

ケアミックス病院

一般病床と療養病床両方を併せもつ病院です。

ケアミックス病院の特徴

・患者さんの状態に合わせて
転院することなく一貫した医療の提供ができる
・病院の中ではケアミックス病院の数が一番多い

専門病院

特定の病気や症状など
治療に特化した病院
以下の2つに分かれます。

1、高度専門病院

がんセンター・小児医療センターなど
公的病院が多いイメージです。

2、単科専門病院

精神科病院・回復期リハビリテーション病院
産婦人科病院・眼科病院病院など

病院の種類まとめ(イメージ図)

いかがでしたでしょうか?

少しわかりにくい分類も
あったかと思いますので

最後に簡単なイメージ図をご紹介します。
ぜひご参考下さい♪